悲報

韓国製品不買運動

14061705

 ネットでお散歩をしていて見つけたのだが、フジTVデモの頃はやったチラシだそうだ。
 こんなことは日本でははやらない気がする。商品がよければ売れるが、危険な商品、特に食品類は安くても不衛生なものは敬遠される。
 ゴキブリが混入した辛ラーメン、人糞が混入した貝類など朝鮮人ならともかく日本人が食えるはずがない。
 何十円かの違いで大腸菌がウヨウヨ入っているような食品は御免こうむる。人糞もお断りだ。日本人はたとえ日本のメーカーですら、衛生管理の悪い会社のものは購入しない。まぁ、この件は公になって多くの人が知ることになった会社の商品ということではあるが。
 イオンのプライベート商品については、「不味い」。多少安くてもまずい食品もお断りだ。トップバリューのビール、激マズでさすがの俺ももったいないとも思いながらも3口くらいで我慢できずに捨てた。

韓国→日本ブランドが確立されており、放っておいたら韓国人は日本製を買ってしまうのでそれに抵抗せねばならないという焦りと不満がある。

中国→反日デモや不買運動をするのは殆どが地方出の貧乏人。
従ってそもそも日本製品とは程遠いので、工場を壊して物を盗む程度の行動しか出来ない。自らの働き口を潰しているという構造にすら気づかない土人。

 俺も残りの人生平穏に過ごしたいと思っているが、少しだけ日本の未来を考えたとき食の安全に不安のあるものは輸入してほしくない。それは日本の未来の子供たちのためである。
 日本がさらに豊かな国になるには安心して口にする食品に恵まれることである。経済的な発展と共にそれを疎かにしてはいけない。
 俺は潔癖症になる必要はないと思うが、故意に唾を混入させた食品など気持ち悪くて食えない。
 日本人はつまらない不買運動などしなくても価格に対して十分に価値を認めればそれがどこの国のものでも購入するだろう。また輸出するにあたっても安全で価値のあるものを輸出していくことだろう。

 しかしうるさいハエは叩いておかなくてはならない。

 

-悲報