日本人の名誉のために

河野洋平の独断『売国宣言』を許すな!

2014/06/30

 河野洋平の独断『売国宣言』に自民党幹部が激怒して喚問を要求。当の本人は異常な怯えを周囲に見せている 
 河野洋平元衆院議長(77)は、どう政治責任を取るつもりなのか。政府の有識者チームによる「河野談話」の検証で、談話は日韓両政府がすり合わせた「政治文書」だったうえ、河野氏が証拠もないのに、記者会見で「(慰安婦の強制連行の)事実があった」と独断で答えていたことも発覚したのだ。わき上がる責任追及と証人喚問要求の声。ジャーナリストの加賀孝英氏が怒りを抱えてリポートした。
14063013 (2)
 「万死に値する」「河野氏のせいで、どれだけ日本国と日本人が貶められたことか」「勲一等旭日章も剥奪すべきだ」
 自民党幹部は怒りに声を震わせた。私(加賀)も腹の底からそう思う。
 ご承知の通り、政府は20日、河野氏が官房長官時代の1993年、慰安婦問題で謝罪を表明した「河野談話」に関する検証結果を公表した。
 河野談話は、韓国が世界中で「旧日本軍が朝鮮人女子を強制連行し、性奴隷にした」などとデタラメを吹聴し、日本と日本人を貶める「ディスカウント・ジャパン運動」の根拠となっている。
 いくら日本側が「強制連行はない」と主張しても、韓国側は「河野談話が認めている」とせせら笑い、濡れ衣を浴びせ続けてきた。海外在住の日本人の中には、ツバを吐かれるなど、イジメに遭った人々もいた。
 こうしたなか、公表された検証結果には「驚愕」した。
 談話は日韓両政府がすり合わせしたもので、元慰安婦16人の聞き取りの裏付け調査は行われなかった。要は、事実関係の信憑(しんぴょう)性などない、政治的意図で作られた文書(=政治文書)だった。
 日本を苦しめている「強制連行」に関しては、「ふざけるな!」という感想しかない。
 日本政府は当時、すべての資料と証言を調査して「強制連行は確認できない」と判断した。韓国政府が要求しても「受け入れられないものは拒否する」という姿勢で臨んでいた。それが突然くつがえった。なぜか。
 河野氏が談話発表の記者会見で、記者から「強制連行はあったとの認識か」と聞かれて、「そういう事実があったと。結構です」と独断で答えていたのだ。河野氏こそが韓国を暴走させ、日本を貶めた元凶だった。断じて許すことはできない。

14063013 (1)
 永田町関係者はいう。
 「河野氏は、検証結果の公表翌日、山口市での講演では『私が日本を貶めるわけがないじゃないですか。官房長官ですよ』と釈明していた。だが、なぜ“大ウソ”をついたのか、合理的な説明はまったくしていない。慰安婦問題を追及している産経新聞の取材も拒否している。何かを隠しているのか、本人は異常におびえているようだ」
 現に、山口市での講演会は100人近い警察官が警備にあたる、厳戒態勢の中で行われた。
 安倍晋三首相。日本政府は「河野談話を継承する」と発表した。韓国と米国への高度の政治判断であることは理解するが、未来永劫それでいいのか。
 河野氏の証人喚問を要求する。ウソで奪われた日本の歴史と誇りは日本人の力で取り戻すしかない。河野氏よ、恥ずかしくないのか。説明責任を果たせ。国民は本気で怒っている。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍している。

【元記事】(ZAKZAK) http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140628/plt1406281100001-n1.htm
 
「河野氏のせいで、どれだけ日本国と日本人が貶められたことか」 

 
 我々の先祖のみならず、子子孫孫にまで汚名を着せるような売国奴は、日本国籍をはく奪すべきである。
 河野氏の売国発言により日本人の子供、もしかしたらあなたの子供もそして孫も将来この汚名に苦しめられることを許せますか?
 なにがなんでもこの汚名は日本の未来のために晴らさなくてはならない。
 そのため、しばらくこのブログにおいても韓国ネタは多くなると思う。
 livedoorからのこのブログにお付き合いしてくださっている方、これからもよろしくお願いいたします。

 

-日本人の名誉のために