日本人の名誉のために

おまえらのジーサン達は強姦魔の殺人鬼だった

2014/08/19

 日本が反日韓国に大勝利!朝日新聞が捏造の慰安婦問題をついに謝罪!苦し紛れの最後の言い訳を勝谷誠彦が完全論破  


勝谷誠彦さんが、朝日新聞が捏造の慰安婦問題をついに謝罪した件について語っています­。安倍政権の河野談話検証や植村隆記者の神戸松蔭女子大大学教授就任消滅など、確実に­朝日新聞に効いていました。追い詰められた朝日新聞は遂に捏造の従軍慰安婦問題を謝罪­しました。しかし、苦し紛れの最後の言い訳はみっともなく、最後の逃げ道も勝谷誠彦さ­んに完全論破されています。河野談話検証に続き、いい流れが続いています。
吉田清治の捏造から始まった慰安婦問題。それを朝日新聞が拡散し、福島みずほなどの反­日勢力も協力し、河野洋平の河野談話が決定的となり、ここまでの政治問題となってしま­った従軍慰安婦問題。
日本はこれまでこの捏造の慰安婦問題によって理不尽な被害を受けてきましたが、安倍政­権になり、韓国の反日に反撃できるようになりました。
河野談話検証、そして、今回の朝日新聞の謝罪。
まだ朝日新聞は最後の逃げ道を用意していますが、朝日新聞の大罪を日本国民は既に知っ­ています。
朝日が追い詰められていることは明白であり、今までの朝日新聞への攻撃が効果を発揮し­ています。

捏造の慰安婦問題を崩壊させるために、今まで以上に頑張り、日本の誇りを取り戻しまし­ょう!

71

-日本人の名誉のために