日本人の名誉のために 歴史の時間

民主党 枝野幸男幹事長とJR東労組 大宮支部 執行委員長との選挙協力の覚書

8
*補足「枝野氏が革マル幹部と覚書」月刊誌報じる 2010.7.17 10:52、産経新聞
 民主党の枝野幸男幹事長が平成8年の衆院選に立候補した際、警察当局が左翼過激派の革マル派幹部と判断している人物との間で、「推薦に関する覚書」を交わしていたと、17日発売の月刊誌「新潮45」が報じた。  

枝野氏が覚書を交わしたのは、JR東労組大宮支部の執行委員長で、警視庁公安部が
革マル派のJR内秘密組織の幹部と判断している人物としている。枝野氏は覚書で
「私はJR総連及びJR東労組の掲げる綱領(活動方針)を理解し、連帯して活動します」
などとしている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110106/plc11010616210071-n1.htm
連携して活動してる 
1
主張が尖り過ぎてて直接加入するメンバーは少ないがJR東労組のようなフロント団体で偽装して入会者を集めてる

そしてそのフロント団体の組織力で政治家に裏から手を回して抱き込む

その結果が
民主党 枝野幸男幹事長の誕生

-日本人の名誉のために, 歴史の時間