こんなお店に行ってみた

マックの客離れが止まらない

更新日:

 マックに久しぶりに行った。
 店内様子。
IMG_0280
 他にあいている店が近くに見当たらなかったために入ってしまったマック。
 朝マック、500円。ビックブレックファースト、いやはや朝からとんでもないものを食べてしまった。
 この不味さは半端無い。
IMG_0265
別の日に入ったドトール。
ドトールの朝メニュー、ジャーマンドック。390円。
IMG_0274

実際にモーニングしたい時に近くにどの店があるかという事が一番大きな選択基準であるが、できればマックは嫌だ。なんといっても不味い。ただ、開いている時間の関係でマックという選択肢以外ない時も多い。だが、そうでなかったら入らない。
マック不振の最も大きな原因は『不味い』の一言に尽きるのではないだろうか。
そこに至るまでの様々な経過があるにせよ、不味いからわざわざ行かないのでる。
そしてその根本を解決せずにさまざまな改革を行っても、それは結局顧客不在の改革でしかない。
健康志向のヘルシーメニューを投入しても、本当に健康志向の人はマックへは行かない。
行くのは健康志向ごっこのジャンクフード大好き人間である。

マックは下層の人々に格安のジャンクフードを提供することでしか生き残れないのだ。
 続く 

-こんなお店に行ってみた

Copyright© 起きて半畳寝て一畳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.