インターネット 写真素材

西部開拓時代の無法者ビリー・ザ・キッドが写った写真

ビリーざきっど
【AFP=時事】米カリフォルニア(California)州の中古品店で2ドル(約240円)で販売された写真が、米西部開拓時代の伝説的な無法者ビリー・ザ・キッド(Billy the Kid)を写した非常に貴重な写真であることが判明し、売りに出された。その価値はなんと、500万ドル(約6億円)に上るという。

 ビリー・ザ・キッド本人を写したものと認められた写真は、この他に1枚しか存在しないとされる。西部開拓時代の骨董品や希少硬貨を専門に扱う企業ケイガンズ(Kagin's)によると、大きさ10×13センチのこのスズ板写真は、1878年に現在のニューメキシコ(New Mexico)州で撮影されたもので、ギャング仲間らとクロッケーのゲームの合間にポーズを取るビリー・ザ・キッドが写っている。

 ビリー・ザ・キッドは地面に立てたクロッケーのマレットにもたれかかり、にやりと笑っているようにも見える。頭にかぶった暗い色の帽子は、アブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)大統領がかぶっていたシルクハットを短くして幅を広げたようなデザインだ。

 ビリー・ザ・キッドは小さな木造の建物の前に立ち、その左側には赤ん坊を抱いた、地面に届く長さのスカートをはいた女性が写っている。さらにその左には子どもたちがいる。

 ケイガンズの声明によると、2010年にカリフォルニア州フレズノ(Fresno)の中古品店で西部開拓時代の収集家が購入した。写真が本物であることを証明する調査は1年を要し、ニューメキシコ州で撮影現場の検証も行われた。写真の専売権は同社が有しているという。

 ビリー・ザ・キッドのものと認められたもう1枚の写真は、1880年に撮影された肖像写真。ケイガンズによると、2010年に230万ドル(約2億7000万円)で落札されている。 

-インターネット, 写真素材