思考の覚書

選挙権

017
 選挙権は権利ではなく、「義務」とすべき。そして選挙権を正当な理由なく行使しなかったものは、選挙権を剥奪。復活させるためには、一定の金額を国庫に支払う。
 まぁ、何回選挙に行かなかったかとか、金額とかの細かいことは今はおいておく。
 今の選挙制度では、たまたま行くことができなかったりすることもあるかと思うが、期日前投票などの制度があるので連続して複数回連続して選挙権を行使できないということはないだろう。
 もし選挙権を複数回連続して行使しなかった場合は、選挙権がなくなる。そのような人達は選挙権がなくなったことを気にしないだろうし、もしかすると選挙権がなくなったことに気がつかないかもしれない。
 義務教育においてしっかりそのことについて教えておけば十分である。
 それによって政治がどのように動くかは国民が決めることである。

 

-思考の覚書