お笑い 日本人の名誉のために

座布団一枚

2016/07/08

2970

舌戦・参院選(6日)【16参院選】
うっかり1票、がっかり6年  
公明党・山口那津男代表(さいたま市で街頭演説) 

共産党にどんな実績があるのか。反対を叫ぶことだけだ。消費税一つとってもはっきりしない。責任感がないから言えない。そんな人に1票入れたら6年間がっかりする。うっかり1票、がっかり6年。それだけはごめんではないか。

[時事 2016.7.6]
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016070600599&g=pol



●選ぶ人正しければ 選ばれる人正し(昭和二年)
●投票の一瞬は 国家の百年(昭和二年)
●国政は船のごとく 一票は櫂かいのごとし(昭和二年)
●善政も悪政も 一票から(昭和二年)
●裏も表も 明るい人を(昭和三年)
●軽く選ぶと 重い荷を負う(昭和三年)
●投票は 主義と主張を 聞いてから(昭和三年)
●投票買いの 良心売り(昭和三年)
●嫁と議員は 調べた上で(昭和五年)
●政治は 国民の色に染まる(昭和五年)
●政治の明暗 この一票(昭和十年)
●金で選ぶな 心で選べ(昭和十年)
●売るな魂 捨てるな一票(昭和十一年)
●義理は禁物 人物本位(昭和十四年)
●人をよく見て よく選べ(昭和十六年)
●国思う一票 国思う人に(昭和十七年)
●世界が見ている この選挙(昭和十七年)
●うっかり1票、がっかり6年(平成二十八年) ⇚  NEW



-お笑い, 日本人の名誉のために