思考の覚書 日本人の名誉のために

投票日和である

1
いい天気である。しかも選挙カーも走らずのんびりした日曜。午後から投票に行ってこようと思う。
 もちろん投票先は「日本のこころ」。
 もし出口調査をやっていたら「民進党」と答えておこう。
 この出口調査は民間が勝手にやっている事なので、なんと答えよういと関係ない。さらに言えば自主的にどこに投票したのかを言う分には構わないが、強制力を持って聞き出すことは違法である。それは投票所において厳重に誰がどの人に投票したかはわからないようにしている事からも明らかである。(確認していないが、違法ですよね?)。
 「日本のこころ」、何とか2議席とってほしいものである。
 社民の消滅、期待しています。
 民進党は、組織票を持っているところはともかく、それ以外は厳しい人が多いのではないだろうか。もっとも組織票も昔のような締め付けが出来ずに安心していられないだろうが。
 共産党の主張は
2
とても日本人のための政党ではないので、日本のために無くなってほしい。
 その他泡沫政党は…
 公明党は創価学会がバックにいる事は誰もが知っている事なのに、堂々と政党として存在している。いったいそのために何をしたんだろう。少なくともその実態は日本人のための政党ではない。
 もちろん自民党にも反日勢力はいる。それらの議員は日本の国益を守らない者たちなのでぜひとも落選させなくてはならない。
 今晩は選挙速報でもみながら、酒でも飲むか。

-思考の覚書, 日本人の名誉のために
-