インターネット 試してみた

「Mesocolumn」を使ってみよう

2016/09/03

色々ワードプレスのテーマを試している。試してみると意外と外国語の無料テーマも使える感じだ。
実際の所機械翻訳を使えばだいたいの言いたいことはわかる。
そこで使ってみておススメできるのは。「Mesocolumn」である。
でもサイトのキャプチャ画像を見てみよう。
1

WordPressテーマ情報
テーマタイトル:Mesocolumn ver: 1.6.5.1(2016.08.21現在)
作者名:Richie KS
言語:英語
用途:ブログ・マガジン, ニュース・ポータル,に幅広く使えそう。
   レスポンシブなのでスマホでも大丈夫。
価格:もちろんタダ。

WordPress無料テーマ「Mesocolumn(メゾカラム)」は、ニュース・ポータルサイト的なブログやWebマガジンを作りたい方、さらにアフィリエイトやアドセンスなどの広告も掲載していきたいという欲張りな人に最適なテーマです。
 記事一覧がカテゴリごとに2カラムで表示されるトップページ外観は、各カテゴリ全体が見やすく、最大10のカテゴリに対応できるのでカテゴリ分けが多くなってしまうようなサイトのもいい。
 もちろん、シンプルなブログに使うにも申し分ない気がするが、やはりシンプルなブログに使うにはそのような日本語テーマもあるのでそちらを使ったほうが楽かと思う。
 この「Mesocolumn」はWordPressでブログを始めようとするみんなが必要とする機能の多くをプラグインを新たにインストールしなくても大丈夫なようにできています。
 確かにそのままでも十分ではありますが必要に応じて新たにプラグインを入れれば自分の望むようなサイトが作る事が可能となります。
 SEO対策については「h1、h2」などの見出しタグが各ページごとに最適化されるなど、プラグインでは対処できない検索エンジン最適化も施されているそうです。
 設定は全く難しくありません。私でさえ多少時間はかかっているとはいえ試行錯誤でなんとか使っています。そして専用のオプションメニューがあるので初心者でも設定はさほど難しくないと思います。
 とにかく、これからWordPressでサイトを作る方にお勧めする一押しのWordPressの無料テーマ「Mesocolumn」です。
 さて、それでは「Mesocolumn」はどんな感じのテーマなのでしょうか?これから自分でサイトを作成しながらこのブログを書いて行こうと思います。
試作サイトは現在作成中ですのでいずれ公開するつもりなので気を長くお待ちください。

【1.テーマの特徴】
◆ デザイン・仕様 ・・・・・・・
モバイル端末対応レスポンシブデザイン:スマホ、タブレットもOK
スライドショー:トップページヘッダーに、簡単設置
パンくずリスト:SEO対策、
ページネーション:SEO対策、
見出しタグの最適化:各ページ毎に最適化!SEO対策に効果的
広告スペース:広告掲載用スペース、機能が充実
日本語化ファイル内蔵:テーマをインストール後、すぐに使用可!

◆ カスタマイズ・オプションメニュー ・・・・・
テーマ独自のオプションメニュー:豊富なメニューで簡単に設定
ロゴ・アップロード機能:サイトロゴも設置簡単
バックグラウンド・カスタマイズ機能:背景画像、背景色を設定
ファビコンのアップロード機能:こだわり派にうれしい機能
メニュー・カスタマイズ機能:メニューは全3か所、更にカラーオプション付き
ウィジェット・カスタマイズ機能:サイドバー、フッターを編集
独自ウィジェットパーツ:タブメニューなど有料テーマ並み
フォントオプション:各パーツごとにGoogle Web Fontなど設定可能ですが、日本語フォントが入っていないので日本語で使用するにあたってあまり意味がないかもしれない。
カラーオプション:テーマカラーやメニューなどのカラー変更
ヘッダー、フッターへのコード記述:追記可能
アイキャッチ画像サポート
トップページ用テンプレート:ポータルな雰囲気がグッと増します
ブログ一覧ページ用テンプレート:通常表示もOK
全幅(横幅フル)ページ用テンプレート:使い途いろいろです
◆ その他 ・・・・・・・・・・
英語サポート:テーマ配布ページのコメント欄から質問OK
テーマ・アップデート:バグ修正、WPアップデート対応、セキュリティ向上に

【2.テーマのデザイン・レイアウト】
2−1)トップページのデザイン

 トップページヘッダーは、トップメニューとメインメニューに挟まれる形で、タイトル、キャッチフレーズ、広告掲載用のスペースがあります。トップメニューには固定ページを、メインメニューには投稿カテゴリを入れるような使い方が良いでしょう。
 メイン部分は、右サイドバー(ウィジェット)、左に2カラムで投稿記事が並びます。アイキャッチ画像を必ず設定してください。そうしないと画像が歯抜け状態になってみっともないです。もちろん、パンくずリストもあります。

 注意してみて頂ければわかると思いますが、各投稿カテゴリのタイトルの右側にRSSリンクアイコンも付いています。
2

ページ下部は、4カラムのフッターウィジェットエリア、クレジット表記、フッターメニューとなります。
サンプル画像ではフッターメニューが隠れてしまっていますが、その場所にあります。

続く

-インターネット, 試してみた
-