悪の辞典 日本人の名誉のために

スイス 民間防衛より抜粋

2016/09/26

「乗っ取り戦争」

第一段階「工作員を送り込み、政府上層部の掌握。洗脳」
第二段階「宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導」
第三段階「教育の掌握。国家意識の破壊。」
第四段階「抵抗意志の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用」
第五段階「教育や宣伝メディアなどを利用し自分で考える力を奪う」
最終段階「国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民。」  
戦争のもう一つの様相は、それが目に見えないものであり、偽装されているものであるだけに、いっそう危険である。
また、それは国外から来るようには見えない。カムフラージュされて、さまざまの姿で、こっそりと国の中に忍び込んでくるのである。
そして、われわれのあらゆる制度、あらゆる生活様式をひっくり返そうとする。
このやり方は、最初は誰にも不安を起こさせないように、注意深く前進してくる。
その勝利は血なまぐさくはない。
そして、多くの場合、暴力を用いないで目的を達する。これに対しても、また、しっかりと身を守ることが必要である.

戦争は武力、それは過去の話である。武力によって他国を征服、それが今までの戦争である。しかし、現在は、武力による他国の侵略ではなく中から、そうトロイの木馬を使って侵略してくる。気がついたときには取り返しのつかない状態になる。侵略された訓みの人民は奴隷としての身分に落ちる。
 チベットの真実を見てみよう。情報はかなり規制されているがそれでも漏れる。そんな情報をあさってみてくれ。
 

-悪の辞典, 日本人の名誉のために