パソコン・周辺機器

メモリを4GB⇒12GBに

2017/10/02

 今使っているのはHPのZ220。中古で購入。確か2年位前に2万円くらいでヤフオクで購入。メモリが4GBだったので今回、追加で4GB×2の2GBほど増やした。 メモリ規格は『PC3-12800 ECC DDR3 SDRAM/1600MHz/Unbuffered』ヤフオクで探し、『Sanmax DDR3 PC3-12800E 4GB×2枚 合計8GB 』を3,105円で落札。『Sanmax』とは聞きなれない会社名だったが、よく利用している秋葉原の『ark』が代理店をしているところなので安心して入札。落札価格も割りと安めで満足。
 メモリ到着後z220人に元からついている4GBのメモリ1枚を外し。とりあえず購入したうちの1枚を刺して電源を入れてみる、無事認識。更にもう一枚刺してみる。8GBも無事認識。最初から付いていたメモリが余ってしまったのでとりあえず刺して、合計12GB。『デュアルチャンネル』対応のPCなので同容量を複数枚がいいのだろうが、余らせておいてもしょうがないので刺してしまった。実際のところどれだけパフォーマンスに違いが出るのかは不明。
 しかしメモリも安くなったものだ。しかもヤフオクあたりで探せばけっこう中古が安く手に入る。
 z220のモデルは『E3-1270 v2』。まだもうしばらくは現役で活躍してくれる十分なスペックだ。
 Core i7とXeon E3は、スペックを比較する限りほとんど同等という感じであるが、Coore i7は、瞬発力有りの短距離選手。Xeonは耐久力有りの長距離選手。マシンの信頼性ならXeonか。
 そんなわけで、ここ数年Xeon搭載のワークステーションを使っている。決してコンパクトではないが。

-パソコン・周辺機器